印鑑要る?要らない?問題を一日で体験した日

日常

こんにちはヒロです^^

最近では下火になってきた印鑑問題。

かくいう私もその一面に触れる出来事がありましたので個人的な感想を書き残したいと思います。

ニュースで見るだけと自分が渦中に巻き込まれるのとでは全く違う感じ方になるのがしみじみわかりました。

また、ネットの情報を鵜呑みにするなというのも改めて痛感した日でした。

普段は要らないのに急に必要になる=印鑑

私は印鑑が必要になったときに手元にない、というマーフィーの法則のようなものをぶっ壊すべくありとあらゆる場所に認印を搭載しています。

バッグの中、自宅の引き出し、職場、上着のポケット、車etc・・・

いつどこで必要になっても「残念だったな!持っているんだ!」とどや顔で印鑑を出すことができるようにです。

しかし先日原付の廃車手続きの為市役所に車を止めた際、ふと1週間ほど前に車に搭載された分を使いそのままバッグに戻したのを思い出したのです。

流石に独り言で怒りをあらわにしてしまいました(笑)

「どうせ100円200円で買えるんだし役所で都度金払ってやるから印鑑なんて制度まじで無くなれよ!」

どこにでも売っているわけではないし無駄に気合を入れてきたので時刻はまだ9:00前

何年か前にも同じようなことがあって近くの本屋さんかなんかで買ったことを思い出して仕方ないので前回買ったところに向かって車を走らせました・・・

便利なネット()

最悪印鑑無くても何とかならないかと思って一応ネットで調べてみましたが

  1. 標識交付証明書
  2. ナンバープレート
  3. 認印
  4. 本人確認書類

だいたいこう書いてあります。

わかりました印鑑は買いましょう・・・

本屋は10時まで開かないし有料の駐車場で無駄に1時間待機かーほんとばからしい・・・

いや、あきらめてはだめだ!もしかしたらワンチャン印鑑売ってるところあるかも!と思って探すとなんと90M先にあるっぽい!ナイスグーグル!

人生で恐らく初の印鑑専門店へ入店

朝早くからありがとうございますという謎に感謝の気持ちで入店すると店主と思わしき人物が私の苗字と「安いやつでいいね」と何も言ってないのに一番安いところから探し始めました。

きっとそういう印鑑しか売れないのだろうと勘ぐっていると目に入ったのは店内のポスター

印鑑はこの先も必要です

思わずポスターを見ながら「大変ですよね」と声をかけると「いつまで仕事ができるかねぇ」と元気のない声

そうか・・・やはりこれで生計を立ててる人もいる。わかってはいたけど直接会話をしたことなどもちろん初めてだし身近にも存在しない。

さっきまで印鑑に怒り心頭だった自分が恥ずかしくなりました。

役所にカムバック

なにはともあれ印鑑ゲット!

ナンバープレートをもっていざ受付へ

ちなみに標識交付証明書というのは発見できなかったため、とりあえず再発行前提でフレームナンバーを控えてきたのでなんとかなると思ってました。

ナンバーを机の上に出し、免許書をだす。

そして指定の用紙に住所を記載し・・・・無事廃車手続き完了

え?

印鑑要らないの?

ここでネットの情報を知らず知らずのうちに信じてしまった自分に激しく後悔

ナンバーだけもってくれば廃車にできるなら超簡単じゃん!(地域によるとおもわれ)

このロスした時間と500円返せ!やっぱ印鑑要らなかったんかい(笑)

コソコソ調べて準備するよりも先に窓口に行ってみればよかったです^^;;;

という今回のお話でした。

みなさんも何か準備が足りないと感じてもとりあえず聞いてみることをお勧めします。

ひょっとしたらネットに書かれているその情報。嘘かもしれませんよ?

ではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました