子供の送り迎えについて

日常

皆さんは子供の送り迎えについて調べてここにたどり着きました。

我が子は現在小学生

私が育ってきた時代とは結構変わったことがあります。

その一つに『子供の送り迎え』があります。

多くの考え方がある中で私個人の見解を示したいと思います。

現状確認

我が子の通う学校では基本

歩いて登下校

これは私が小学生だった時もそうでした。

送り迎えが必要な場合は連絡を

これも理解できます、私もそうでした。

では現状はどうでしょうか?

地域性もあるのかもしれませんが私の周りではほとんどが車で登校しています

当然全ての保護者と話して全ての児童から聞き取り調査をするのは不可能

しかし子供の姿がどう考えても少ないと思うんです。

そして数少ないママ友は全員車で送迎しています。

子供が『歩いて帰りたい』と言っても『危ないから』と車に乗せていきます。

自分の考え

きっとこれを調べた方は反対なのではないでしょうか。

私は少し歩いた方がいいかなーって思っていたのですが、

これは古い人間の方が大きく抱く感情なのではないかと思います。

現に私の親は絶対に車で送りませんでした。

私は車に轢かれて松葉杖をついた状態でも歩いて登校しました。

それでもそのことについて何も思いませんでした。

流石にそこまでする必要はないと思うのですが、私と反する意見

つまり車で送りたい派の主張する『危ないから

こちらも掘り下げて考える必要があります。

危険の実態

正直『危ないから車で送る』と言う発想がありませんでした。

では一体何が危ないのでしょうか?

パッと思いつくのは変質者

そして交通事故

これは私も計算したわけではないのですが、頭がいい人なら計算できる案件でしょう。

交通事故に遭う確率と変質者の被害に遭う確率

そこに自身の運転する車が事故に遭う確率です。

ただ詳しい数字を出さなくてもここまで書くだけでわかると思います。

自分が運転することで交通事故に遭う可能性がプラスされているかもしれないと言うこと

そこまで考えている人はいないとは思いますが、変質者からの被害は確かに抑えられそうですね。

まとめ

個人の意見でしかないのでどちらが正しいとも言えないのですが、

少なくとも毎日歩いて登校したところでランナーになるわけではないでしょうし

車で登校したところで歩けなくなるわけではないと思います。

結果『好きにしたらいいがな

と言う話なんですが、学校からの意向を無視するならちゃんと書類を提出しましょうね^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました