投資の話を車の運転に例えてる人。間違ってますよ

新しい事にチャレンジ

最近よく見かける広告に『投資は車の運転と一緒、正しい知識と指導を受ければ何も怖くありません!続きはセミナーで!』というのがほんとに多くて、その度に絶対違うと。
結論から先に書きますが、『車の運転と投資は全然違います

始めに断っておきますが、投資を否定する趣旨ではありません。

むしろ勉強すれば安全性が増すのは明らかで、投資をしないリスクと投資によるリスクを比べたらやってない人が不思議で仕方ないくらいです。

運転の技術は上達しない

ショッキングな事ですが運転は上達しません。

上手い人は最初から上手いし最初から下手な人は何年経っても下手なままです。

これは事実です。

なぜこんなことが言えるかと言うと

かれこれ15年以上運転に携わる仕事をしてきて数多くのドライバーを見てきたリアルな結果です。

この事実から考えるに、車の運転を投資に例えてる人はおそらく免許持ってないのでは?(笑)

と思うくらい。

百歩譲っても車に全く興味ない人です。

まさか『自分は車の運転に自身あります!』と言ってるんですか?

だとしたら怖すぎですよ^^;

投資に関しては経験や知識が実績に寄り添ってきますが運転に関しては全く関係ない。

これだけはハッキリ言えます。

乗れば乗る程技術が向上すると言うのであれば昨今のプリウスロケットを始めとする悲しい事故はどう説明するのでしょうか。

高齢だから?でも投資のセミナーに勧誘する人は80代でも結果を出してます!って言いますよね?

明らかな矛盾が生じてますよ。

これらの事から運転と投資をイコールするのは断じて違いますのでご注意ください。

運転が上達しないとする根拠

例えば免許取立てで運転している人の横に乗ったとします。

『やっぱり免許取立ての運転は危ないなー』と感じるでしょう。

この免許取立てこそが先入観であり、頭ごなしに免許取立て=危険という式が成り立っていて

何年も乗り続けていれば良くなるだろう、と楽観的に考えているかも知れませんが

今後この人が何年運転を重ねても

最初の段階で危険であればもうその人は一生運転危険者です。

その根拠は

免許を10年以上保有している運転者の横に何十回も乗った経験がものをいいます。

個々に運転の仕方は違うのでそれは理解しています。

そういう事を踏まえても自分が危ない運転だと思った人は例外なく事故ります。

細かく言えば事故と運転技術は直結しませんが、『危ない』というのは直感とか感想とかではなくて『結果』をもたらすということはご理解ください。

事故は運転技術とは一切関係ない

私の知人に運転免許を2回取り消しになった猛者がいます。

飲酒運転や過剰な暴走運転によって一発取り消し×2ではありません。

地味に1点2点の積み重ねで取り消しになったのです、2回も。

最初はヤクルトの配達員でした。

そう、駐車違反で何度も切符を切られあと1点となったところで国道を安全運転していました。

時速40キロだったそうです。車を運転される方ならわかると思いますが正直邪魔なレベルで安全運転です。

そのあまりにもゆっくりな運転で居眠り運転をしてしまい事故って免取り

そして次はある大企業の運転手でした。

駐車場近くのカーブを曲がった時に子供が吹っ飛んだそうです。

もちろん接触したわけではありませんが結果『空気接触』という謎の判決により免取り

なんと空気が接触したことにより他者が怪我をした場合運転手が悪いというのです。

こんな事を言われたら運転なんて怖くてできないですよね。

プラスで補足すると事故を起こす人間が事故を起こします。

たまたま事故ったとか注意力が散漫だったという場合ももちろんあります。

それでも多くの場合が事故を起こす『人』で決まっています。

1度事故を起こせば1度も事故ってない人よりは注意するでしょう、しかしそんなのは関係ないのです。

事故る奴は事故る。これは真理です。

それにテクニックで事故が回避できる世の中の方がよっぽど危険だと思いますよ。

例えば停止中に後方の車が突っ込んできた、前方の車がバックしてきたなど

一見自分に原因がなさそな事故でもそれは『人』で決まっています。

そういったもらい事故をする人は今後も必ずなんらかの事故を起こします。

自身の安全は必ず守った上で判断しましょう

自分が事故る人間なのか事故らない人間なのかを判断するときはまず自身の過失を可能な限り下げましょう。

運転中に携帯電話をいじってないですか?シートベルトはつけていますか?

当たり前の事を当たり前にやって、防衛できる事、避けられる事故は必ず避けてください。

その上で事故ったのであれば才能ありです。

高めの保険に入りましょう。

免許持ちが他にいるのであればできるだけ運転を代わってもらいましょう。

できる事をできるだけやるしかありません。

ここまでやって最初を思い出してください。

『投資は運転技術と一緒』

そんなわけあるかい!

運転は命を奪う可能性があります。

投資は間接的に命を奪う可能性はあっても直接奪われるのは金です。

全く違うのでこの例え話はどう考えてもおかしいです。

こういう話をすると、保険会社の統計で免許取って何年以内が事故を起こしやすい〜とかいう人がいますが論点がずれているというか所詮ネットで調べた畑違いの情報をコピペしているだけであって、全然話になりません。

それでは事故を起こしにくい40代に共通することはなんでしょうか?30代から60代までの事故で2度以上事故を経験しているのは何割ですか?

こういった情報の方がよっぽど参考になります。

免許取立てで事故が多いのは運転技術の未熟さではなくて精神面でも未熟さが大きいと思います。

なんなら車で方輪走行や火の海をジャンプできてたとしたら事故を回避するのに役立ちますか?って話です。

まとめ

今回は簡単にまとめますが、私も投資をやっています。

ですから投資の魅力をわかってもらいたいという気持ちは十分にわかりますが、車の運転に例えるのはやめてください。

全く違いますので。

とにかくこれが言いたかっただけです^^;

以上。投資の話を車の運転に例えてる人。間違ってますよ。でした!

何か少しでも参考になったり暇つぶしになったのであれば嬉しいです!では!

コメント

タイトルとURLをコピーしました