昼間から酒を飲んではいけない理由

日常

突然ですが『昼間から酒を飲んではいけない』こんなことを聞いたことありませんか?

私は『何がいけないんじゃい!』と飲むこともしばしば・・・

ですが何がいけないのかを考えながら飲むと当たり前の事に気づきます。

一日中何もできない(笑)

それでは時間軸でいつ飲むのが最適なのかを考えてみたいと思います。

朝イチで飲む

これが最強に1日を無駄にすると思うんですよね。

飲む量にもよるんですが基本的に日中活動することはできません。

人によるとは思うんですけど朝からはさすがに飲めないって聞くこともしばしばあります。

私は起きた瞬間から飲めますが何もいいことはありませんので

飲めない人は無理に朝から飲もうとしない様に。

完全に無駄事ですよ。

昼から飲む

これが冒頭で言った昼間から酒を飲むという状態です。

すでに一日何もできないと言いましたが、厳密にいえば朝は活動できます。

朝5時に起きて丁度お昼の時間帯12時に飲み始めたと仮定すれば7時間程有意義な時間が過ごせるかと思います。

在宅でできる仕事であれば仕事終わりに軽く一杯・・・という風に捉えられなくもない。

実は良い飲み方?

夜飲む

いわゆる晩酌という感じでしょうか。

日頃から酒を飲む方なら大抵の場合はこれに該当すると思います。

適量なら迷惑がかかることも少ないでしょうし、もっとも他人に理解される飲み方です。

基本的には日中のお仕事をされている方なら仕事が終わって家に帰る。

そして酒を飲んで寝る。

とまあつまらないと言ってしまえばそれまでですが常識的な社会人として良い感じだと思います。

朝まで飲む

番外編として朝まで飲む。

こちらは翌日が休日の場合たまにやってしまう方もいるのではないでしょうか?

特に若ければ若いほどこんな事が日常的にある人もいると思います。

朝まで酒を飲むって楽しいですよね^^;

でもはっきり言って誰にもお勧めできません。

前述した1日何もできないというオプションが漏れなく付いてきます。

次の日は誰でも後悔しますよね・・・

でも何日かすると忘れちゃうんですよね^^;

私も反省しています(笑)

まとめ

そもそも論ですが

『酒は飲まない方がいい』

これに尽きますね。

昔は少量であれば体にいいなどとされていましたが

最近では一滴でも飲むと体に悪いという説も出てきています。

もちろん専門家ではありませんので私には判断できません。

しかし普通に考えれば体にいいはずがない。

だって何もできないんだもん。

そして昼間から酒を飲む最大のデメリットは

アルコール中毒の懸念です。

私は今のところ大丈夫ですが、アルコール中毒にならない様に気をつけているつもりです。

気をつけてなんとかなるわけではないのですが、あまり日常的に飲まない様にはしています。

酒は飲んでも飲まれるな

太古から言われている格言ですが、これに終始するのかな、と思います。

皆さんも楽しい飲酒ライフを送りましょう^^それではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました