遠足シーズン到来!コロナ禍でも決行可能?

日常

こんにちは^^ヒロです。

注:ネタ記事です

そろそろ遠足シーズンですね。

昨年までとは打って変わって対応に追われた関係者の方も多いのではないでしょうか。

私の息子は小学生ですが、同じような歳の子を持つ親は複雑な心境だと思います。

当然感染は避けたい。

しかし2度とはない貴重な経験をさせてあげたい!

少し前に行われたであろう運動会もそうでしたよね^^;

一体いつまで続くのか、収束の仕方にも見当がつきません。

学年によっては修学旅行の行き先変更等も耳にします。

同じ県内、もっと言えば同じ市内なんて話も聞きました。

それでもなんとかして安全と集団での旅行という両立を考えた結果だと思います。

入学式、卒業式も逆に思い出になったなんていうプラス思考の考えも聞こえる中

来年はどうなるのか、再来年は・・・なんて考えてもラチがあきません。

とりあえず今感じている事を私独自の目線で順番に書いていこうと思います。

まずコロナ禍が読めない(笑)

もう断然これです。

コロナ

なんですけど、最近までTVでもずっとふりがな振ってくれないから読めませんでした。

恥ずかしげもなく言うとうずだと思ってましたからね!

バカにしてください・・・

アメリカのマスクしない偉い人への偏った報道

結局かかってるんだからもう良いじゃないかと。

しかも軽症で治ってるじゃないですか。

身を呈して『そんなに恐れることじゃない』と言っている。

こちらの方が余程説得力あると思うのは私だけなのでしょうか?

もちろん被害に遭われた方への配慮はなければいけませんがどう考えても公平とは思えません。

ペンは剣より強いとはよく言ったものです。

インフルエンザへの恐怖

寒くなってくるとこれがまたインフルエンザというものは流行に乗ってきます。

今年は例年より予防接種が人気だそうで・・・

ただでさえ病院に行くこと自体がリスクなのにそんなに人気あるなら逆にいきたくないですけど^^;

間に(笑)を入れると完全な煽り文になる

これ書きながら思いついたんですけど、例えば・・・

バスに乗って移動の際、ソーシャルディスタンス(笑)に注意を払い

アルコール消毒(笑)を適宜行うことで感染症対策(笑)を行う。

みたいな

いや煽ってるわけじゃないんです。

ただ思いついたんでやってみたかったんですごめんなさい。

まとまらないが

ソーシャルディスタンス(笑)については『ソーシャルディスタンス弾いてみた』という動画を見てから頭から離れなくて・・・ついつい笑ってしまいます。

距離を取るのは大事とされていますから決してバカにしているわけではありません。

『個人が尊重される時代』なんて言いますが結局は多くの人の行動から外れたことをやるには事実上難しいのです。

この感染症についてだけ言っても本当に沢山の例が挙げられます。

マスクやアルコール消毒に始まり、密集、密接、密閉。

これら全てでYESの意見もあればNOの意見もありますし、根本的にウイルス自体の危険性についても危険と安全というように割れています。

かなり初期の段階から『そこまでの恐怖ではないな』という結論にたどり着いた人がいたとしても、その意見を発信しても、どうにもボリュームに違いがあり過ぎるのが現状です。

大丈夫だと思っていてもマスクをしないとお店に入れませんし、アクリル板で仕切られアルコール消毒をしなければなりません。

もっとも悲惨なのが『夜の街』と称されるクラブやライブハウス、キャバクラ等。

問答無用で叩かれる。

それは多くの人にとって必要ないからかもしれません。

しかしそこで生活している人もいるということを全く考慮してないとしか言いようがない。

私自身もバンドマンですので当然ライブハウスに出入りします。

今は初期ほど言われなくなりましたが、『バンドやってる』なんて口が裂けても言えなかったです。

予定されていた全てのライブもキャンセルになり、いまだ再開の目処が立たない。

結局のところお客さんがいないのにライブをやっても・・・という事です。(配信除く)

テレビでしか情報を得る術がない人は今後も当面『夜の街』に出向くことはないでしょう。

スタジオ練習でさえ心配されていましたが、こんな誰もこないスタジオで練習することなんてはっきり言ってコンビニに行くよりよっぽど安全です。

ネタ記事なのに最後ちょっと熱が入っちゃいました^^;

以上『遠足シーズン到来!コロナ禍でも決行可能?』でした。

結論:我が子は無事に遠足に行って来れました^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました