キャンプやりたいけどやらない人の理由を一つ潰します。

キャンプ

コロナショック以前から空前の大ブームとなっていたキャンプ&アウトドア
ゆるキャン△なのかヒロシさんなのかかほなんなのか・・・流行り廃りに関係なくやってみたいけどまだ未経験の方!
ひょっとしてキャンプ用品は色々高価で全て揃えようと思うと中々手が出なかったりしていませんか?

まずは私がキャンプをやり始めたきっかけは『安いから』です。

まずは徹底的にお金をかけないで体験してみるのが吉です。

せめてBBQくらいまで辿り着けばきっとその楽しさに心躍るはず!

自分もキャンプ好きかも!ってなったら必要なものを買い揃えていきましょう。

最低限何が必要?

テント

テントが高い?要りません、最近では『デイキャンプ』という今までだったら単なるBBQと呼ばれていたものも『キャンプ』と名がつきます。

まずは『デイキャンプ』から始めてみて、楽しかったらテントなども考慮していくと初期費用がグッと抑えられますよ^^

BBQコンロOR焚火台

必要ありません。

キャンプ場の多くは芝生であり、直火が禁止されています。

そう言った場所でやるなら必要ですが、『コストを抑えてまずはやってみる』というコンセプトですので場所にお金を払うのは勿体無いです。

河原で直火、これでいきましょう。

一応注意書きの看板などが無いか確認して違反の無いように

A
A

いきなり野営は不安・・・

であればホームセンターなどで十分すぎるほどの焚火台やBBQコンロが売ってますのでそちらで用意しましょう。2000円程で売っていると思います。

それを持って一番安いキャンプ場へGO!

椅子&テーブル

これも要りません。

後々あったほうが良いですが椅子やテーブルがない時とある時どちらがどのように良いか、というのが具体的にわかります。

あと人によっては無い方がいいという人もいるので最初から購入しなくても各人のスタイルに合わせていけば良いです。

キャンプ用品が増えれば増えるほど便利になるような気がしますが、かなり最初の段階で持ち運びが困難だという事実に気づきます。

ものが少ないというのはデメリットだけでは無いというのも覚えておきましょう。

薪OR炭

これもそこら辺で拾えば良いので要らないのですが、不測の事態を踏まえて持っていった方が吉です。

ここまで必要そうなものは全部要らないといい、TVや動画などでは現地調達してそうなものを持っていけっておかしいと思いますか?

私はキャンプをやった事がないのであれば是非やってみて楽しさを少しでもわかってもらいたいと思って記事を書いています。

実際薪を拾うのは結構しんどいですし拾えない、シケっている、火がつかない・・・

これは大分辛い思い出になってしまうので買って持っていった方がいいと思います。

販売されている薪であれば落ちているものと比べるまでもなく品質が約束されています。

あと料理をするなら炭の方がオススメです。

炭は基本落ちてませんからね^^;

ライターと着火剤

これは持っていきましょう。

ファイヤースターターでシュッて付けるのもかっこいいですがライターの方が安いです。

そして早い確実。

着火剤も同じ理由です、バーナーよりやすい。

フライパン、鍋、皿・・・

家にあるもので十分です。

どれくらいの頻度でやるのかにもよって変わってきますので、とりあえず最初の一回はわざわざ買わなくてもいいと思います。

アウトドア用の鍋やフライパンはやたらと高額である事が多いので・・・

ニトリなどでも売っているのですが年に2、3回しかやらないなら専用のものを使う必要もないかな、と個人的には思います。

・・・汚れますけど

クーラーボックス

忘れがちですがこれは大体必要です。

日帰りデイキャンプで買ってきたものを焼いて食って帰るだけ!だとしても飲み物は冷えていた方が美味しいと思います。

解決策として水筒に入れた飲み物以外は飲まない、とかなら無くてもいいかもしれません^^

誰と行くかも重要

家族でいく、もしくはソロで行くのであれば上記の物は自分で用意して持っていく必要があります。

しかし他家族と合同であったり友達といく!とかなら誰か何か持っています。

例えばBBQコンロ

これ結構押し入れに入ってたり昔数回使って放置だったりで意外と家にある人も多いです。

大した物でなくても錆びていても網は100均でも売っていますのでぜひそれを使いましょう。

あと椅子とかも意外とありがちです。

私はBBQコンロは持っていますが焚火台は持っていません。

それは一緒にいく仲間がだいたい持ってるからです(笑)せいぜい数人の集まりですので各々1個づつ持つ必要はないかなと

調味料やナイフ包丁も誰かしら持っているし作りたい人が作るから全てを自分で用意する必要はありません。

友達最高!

ちなみに手ぶらでくる仲間もいます(笑)

道具を一通り持っている人と一緒にやってみるっていうのが一番リーズナブルで手間もかからないでしょう。

キャンプが安上がりな根拠

冒頭で安いからキャンプをしていると書きましたが、それにはちゃんと理由があります。

私はいつも4〜10人ほどの人数でキャンプ(デイ含む)をやる事が多いです。(子供と2人きりってのもありますが)

食材をみんなで買いに行って大人の人数で割るのですがどんなに高くても一人2000円です。

2000円の時は正直お腹いっぱいすぎるというか食材が余りがちです。

大体1500くらいだと思います。

基本は泊まっていくので酒も飲めます。

夜ご飯と朝ご飯、そして飲み放題・・・しめて1500円!

安くないですか?

宿泊料金も無料、もしくは普段使うキャンプ場が1泊100円なのでそれのみ。

もちろんテントを買ったり寝袋買ったり・・・とそれなりにお金はかかってるのですが、一気に購入したわけではなく徐々に揃えていった物です。

しかもテントは5000円くらい、寝袋は数百円の安物ですw

もうこうなったら泊まりで遊びにいくならキャンプが最強でしょう!って感じでキャンプにハマってしまいました^^;

準備と片付けが負担にならないように!

最後はこれ

この部分を初心者のうちから心がける事が大事です。

道具とか一式持っていても『やりたいけど面倒><』というのがほんと勿体無い

3分で建てられるテント。3分で火起こしが終わる焼き台。30秒で組み立てられる椅子。

そして同じ時間で片付けられるように

準備に手間が掛からなければやろうと思った時にすぐにキャンプができます。

タープ、テントなどでありがちですが、殆どは慣れです。

まずは自分一人で簡単に準備できて簡単に片付けられるような環境を作り、一緒にキャンプを楽しみましょう^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました