泣いてみよう

日常

今更なのかもしれませんが『ドラえもんのび太の新恐竜』観に行ってきました!
正直ドラえもんとか絶対泣いちゃうからあまり行きたくなかったのですが、大人になると感情の浮き沈みを少なくする傾向が高く特に『泣く』という行為は避ければあえて泣かなくても日常を過ごすことができます。

なんか乙女チックなのかもしれませんが自分はたまに泣きたくなって感動する話を見たり読んだりするようにしてます

歳を取ると涙腺が緩くなると言いますがそれは本当で、個人差はあるでしょうが僕は2ちゃんねるのコピペでも号泣できます(笑)

何回も見てるのにね・・・

子供と二人で映画館

久しぶりに子供と二人で映画館に行きました

前回見たのは『トイストーリー4』です

それも泣きましたね。感動した!小泉並に(わからなかったらすみません)

定番のポップコーンを買って着席

コロナ対策で息子ですら隣同士に座れない・・・なんか意味あるんでしょうかねこの対策

映画の本編スタート前の広告にもこの時代独特の広告が

ポップコーンをありえない速さで食って一瞬でマスクを着用するドラえもんの姿

飲食時以外はずっとマスクをしていてほしいみたいです

なるほど了解いたしました。なんか意味g(ry

当然内容を喋るほど野暮じゃないぜ

やっぱ泣いてしまいましたね

息子も時々反対側を向いていましたので終わった後聞いてみたらめっちゃ泣いたーって言ってました(笑)

恥ずかしいから反対側向いたんだと

泣くとすっきりしますよね(?)

余談ですが自分はアニメが結構好きだったんですけど次から次に新しいのが出てくるので追いきれなくて最近はあまり見れていません(汗)

自分が見た中で泣きたい時に見るのは

  • クラナド
  • シュタインズゲート
  • ラブライブ!
  • あの花
  • エンジェルビーツ
  • etc・・・

他にもあるんですがパッと出てくるのはこんな感じです

コードギアスとか1週間フレンズ、ガンスリンガーガール、花咲くいろは、あそびあそばせ、ちはやふるなど個人的には泣けるわけじゃないけど好きな作品色々オススメはあるのですが、一様に有名作品なのであえてマイナー(?)かなって所からおすすめしたい作品は『新世界より』

これは泣ける作品ではありませんがストーリーが単純にすごいと思って何回も見てしまいました

見たことない人は時間があったらぜひ見てみてください^^

喜怒哀楽を表現

冒頭でも触れましたが歳を取れば取るほど感情の起伏がなくなってきます

これは精神的な安定を示しているのですが、我慢することに慣れすぎてしまっているとも捉えられます

例えば喜びを表現する時どうでしょうか

若い時はもっと騒げたかもしれません

最近では騒ぎ過ぎによる犯罪行為にまで発展するケースがあることから騒ぐこと=悪い事と考えますが

要は程度の問題なのです

誰の迷惑にもならない場所で法律を犯さなければ騒いだっていいじゃないですか

悲しみを表現する時だってそうです

大人になれば多少悲しいことがあっても転んで擦りむいても泣いたりしません

だからこそ人の心を打つ『感動』を手に入れて泣いてみるのもいいんじゃないかなって思います

映画館って自分にとっては滅多に行かない特別な場所なので

特別な場所で特別な体験ができるからとても好きです!

ちなみに怖い話も結構好きで怖い話こそ映画館で見るに限ります(笑)

子連れではそもそも試聴できない年齢制限があるので行けれませんし子供ってお化けを異様に怖がりますからしばらくは映画館でホラーを見ることはないでしょうがいずれ巣立っていくとは思いますのでそれまでお預けしておきますw

スタッフロールも見てみよう

今日の環境は7・1チャンネルという音響で試聴したのですが正直初耳で5・1チャンネルで時が止まっていた自分には新体験でしたので音にも注意を払っていたのですがよくわかりませんでした(申し訳ないです)

そして

スタッフロールが流れた瞬間離席するのはもったいないですよ!

家で金曜ロードショーを見ていたとしてもDVDを借りてきてたとしても

スタッフロールに自分の知ってる人いませんか?

自分はアニメが好きだと言いましたが本物のファンからしたら『にわか』というレベルです

それでも自分でも知ってるような有名な声優さんとか劇団、動画作成の会社などスタッフロールは作品を完成させるのに関わった人を表示してくれます

自分の知ってる人がこんな大きなプロジェクトに参加していたんだ!と考えるだけでも思うところがあります^^

今まで飛ばしていた人も是非スタッフロールも見てみてください!きっとあなたの知ってる人が表示されるはずです

今日は初めて日常というカテゴリで書いてみましたけど

何か少しでも参考になったり暇つぶしになったりしていただけたら嬉しいです!では!

コメント

タイトルとURLをコピーしました