Cubaseをポチったら届くまでにやること

新しい事にチャレンジ

そうです。

お察しの通りついにCubase Pro購入しました!!!

便利な世の中、ネット通販は国内で在庫ありの商品を購入すれば大抵の場合翌日には届きます。

私は昨日スマホのボタンをポチッとしたので本日お届けの予定となっています。

当然まだ到着していませんのでワクワク状態ではありますが何もできません。

商品が届いてしまえば後はやることは決まっているしCubaseの詳しい使い方などはいくらでも記事が転がっていますのでお任せしたいと思います。

私はこの届くまでの貴重な1日でやるべきことを解説したいと思います。

届くまでの時間は貴重

どう貴重なのかと言いますと、

カウントダウン』であることが挙げられます。

待っている時間は刻一刻と減っていきます。

対して商品が届いた後はどうでしょうか。

時間が蓄積していくのです。

『Cubase歴〇〇年』みたいにキャリアが形成されていきます。

これも貴重ですがカウントダウン方式の時間は有限、しかも非常に短い。

この貴重な減っていく時間をゆっくり味わいましょう。

予習する?

私はしませんね(笑)

見たことない画面を元に解説してくるだろうからどうせわからない。

絶対現物と照らし合わせながら作業した方が分かり易いと思っています。

ちなみにガチの初心者ですが不安は殆ど無し。

み、見たことくらいはありますから・・・^^;

DAW自体が完全に初心者というのも少し違うので最初は手間取ることもあるかもしれませんが多分なんとかなります。

目的を再度認識しておく

これは大事ですね。

いざ商品が到着したら嬉しくてあれやこれやと手をつけてしまいそうです。

でも目的がしっかり決まっていればそこに向かってブレずに行動できます。

私の場合であれば『バンドの同期サウンドの再生』

これさえできれば後は急ぐ必要はありません。

再生するだけならiPhoneでよくね?

と思われるかもしれませんが、そこはちょっと複雑。

簡単に言うと

3チャンネル別でOUTしたい

iPadでのトラブルを解消したい

メンバーで1人だけiPad持ってない

この3点を解消するためにPCとCubaseを購入した次第です。

特にiPadを持ってないメンバーと音のやりとりができるのは大きいですし、

iPadのアプリ『キューベーシス 』からトラック毎に音をPCに送るのは結構手間です。

同アプリ間やairdropを使用すればまさにで送信できるのですが、楽曲制作以外のところではできるだけ時間を使いたくない。

つまりキューベーシス からCubaseにデータを移せばそれで一旦は目的を果たすことができるのです。

めっちゃハードル低いでしょ?(笑)

で、ライブハウスに持ってって確認する。以上。

ここまでならすぐにできると思うんです。

メンバーにも伝えておく

Cubase所有者は現在2名

同期システムの多くを担当していますが、1人でやっているわけではありません。

オーディオインターフェイスも私の私物ではありませんしCubaseも然りみんなで使おうと思っています。

だからこそCubaseを買ったと言う事実をいち早く共有して今後のビジョンをみんなで考えたい。

バンドの音楽もより幅が出る様になるでしょうし、私からのデモ音源が出しやすくなる。

楽しみです^^

そして明日へ・・・

明日になればわからないことだらけで発狂モードでしょうw

今日のうちにワクワクした希望に満ち溢れる日を満喫するんです。

Cubase初心者として頑張りますので音源が誰かの耳に届く日を夢見て猛勉強します^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました