もう一回バンドやろうぜ!

音楽

いつの間にかギター歴20年以上となってしまいましたが20年もやっててそんなもんかい!ってほどギターに自信ありません(笑)しかしできる楽器もギターだけ・・・ならばこれを使って世の中に爪痕を残す!
ってそんな大それたこともないのですがw

何をやっても続かないこの私が20年もの間やり続けて来れたのはそれだけギターという楽器に魅力があるということです

最近の若いもんは・・・なんてセリフはあまり出さないようにしていますが歳とともに言いたくもなりますよね

最近の若いもんは楽器がとても上手です!

正直これだけ続けてきても学生の君の方ががうまいんじゃない?という人もたくさんいらっしゃいます

何をもってして『うまい』とするかは人それぞれですが、それだけ努力をしたのだろうし尊敬します。

今回は個人のギタリストという話ではなく、バンド全体の話をしようと思います

上手い人多すぎ問題

今日日YouTubeなどの動画配信サイト、またはTwitterなどのSNSで弾いてみた!を筆頭に超絶上手いプレイが簡単に拝めます

なんならまだ発売してないはずの音源も何らかの主題歌だったりするものを耳コピにて即日アップする変態までいます

そういう人達を見てしまうと、これから楽器をはじめよう!という人はどれくらい凄いのかわからないと思うのでカッコイイと思えば始めるきっかけになるかもしれません

しかし以前やっていたけど何らかの理由でやめてしまった、または細々と家で弾いているという方の心をへし折るんじゃないかと余計な心配をしています

「弾いてみた」が目標ならいいですがメンバー探してバンドやりたい!って思ったとします

自分なら『世の中にこんなにうまい人がたくさんいるならバンドなんて無理だな・・・恥をかきたくないからもっともっと上手くなってからにしよう』と一旦バンド活動は見送ると思います

もちろん上手いに越したことはないのですが「とりあえずやってみる」のハードルが上がっちゃってるんじゃないかなーと

練習するなら最高の環境なんですけどね^^いつでもどこでも見れてタブ譜まで配布してる人もいるくらいですから

でもせっかくならバンド組んでみませんか?

バンドのメリット

まず自分はギタリストなのでギター視線でしか語れませんのでご了承ください^^;

弾いてみた!をやるにしてもコピーをやるにせよ自分の弾くパート以外は作らなきゃいけませんよね?

その手間が他にメンバーがいればわざわざDAWを駆使して面倒な作業に時間をかけなくても良くなります

そもそもギターを弾きたくてやってるのにそれ以外の時間がたくさんかかってしまうと練習時間も削られますし勿体ないです。

『餅は餅屋』というように、担当パートの人にやってもらった方が早いです

そして一番のメリットはオリジナル曲を作る時です

一人で作ると余程の天才でないとアイデアに限界があります

曲数書くだけなら何曲もできると思いますがクオリティや変化に乏しくなりがちです

そこで複数の意見を聞ける、またはそれぞれの解釈で弾いてもらったり叩いてもらったり歌ってもらったり・・・全然違う曲になります!

自分以外の感覚を感じることができるっていうんでしょうか、勝手に考えていた曲のイメージを破壊された瞬間はたまらないですねw

もちろんバンドによってはいつも特定のメンバーが持ってきた曲をその人のイメージ通りに仕上げていくというパターンもあると思いますが、その中でも多少はこうした方が良くない?って意見も出るでしょう。私はこういう自分からは出ないであろう意見をすごく大切にします

考えても考えても自分からは出ないアイデア。ということなのでどんなやばそうな案でも一回はやってみますね^^

バンドのデメリット

当然デメリットもあります^^;

一番よくあるのが人間関係ですかね・・・

こればっかりは人と人なのである程度は仕方がないような気もします

ただすぐクビにしたり寄り添う気持ちが全くなかったりするのはよくないと思いますが、やめたら困るからと言って変な気を使いすぎるのも違うかなーって思っているので、ある程度は運ですね^^;

学生ならいざ知らず社会人ともなればいわゆる普通の人付き合いというものができる人が多いと思うので普段の付き合いが一切なくてもバンド活動をする事に関しては影響がないと思います

そもそもやりたい事をやりたい人たちが集まっているわけですからどんな理由があったとしてもやめてしまうと言うことは音楽が好きだという気持ちがそのやめた理由に負けたわけです。寂しいですが仕方がないです・・・

それでも大体がまたやりたいと思う罠

楽器をやめた人はその後どうなんでしょうか?

きっとまたやりたくなるんじゃないでしょうか?

自分の周りには結構そういう人がいます

学生であれば進学、就職。社会人だと結婚、出産、転勤、転職などの人生の転機において辞めていく傾向が高いと思います

特に結婚や子供を授かったとなると金銭的に厳しくなったり嫁の目が痛かったりというのも往々にしてあるでしょう

でもあえて楽器そのものをやめなくてもいいじゃないですか。子供もずっと0歳ではありません

いずれは親元を離れて巣立っていくでしょう

それまではできる範囲で弾き続け、子供に手がかからなくなったらまた本格的にやればいいと思うのです

自分も例外ではなくホント金銭的にも時間的にもキツかったですがやめようと思ったことは一度もないです

おかげさまで機材はほとんど持ってません(笑)

長くやっている人ってエフェクターボードが要塞になっていたりそれでも全部入りきらなくて家にしこたま余ったエフェクターがあったりギターを10本以上持っていたりしがちなイメージがありますが、自分は機材を増やすためにやっているわけじゃなくて活動し続けることに意味があると思っていたので持っている機材を売り払うことで活動資金を工面してきました(TT)

時間の都合がつかない時期もありましたが、そういったところも改善してなんとかやれるようになってきました。

もう一回軽くやってみませんか?

なんやかんや言いましたが、やめてしまった人!もう一回やってみませんか?

続ければ続けるほど機材が減っていく奴初めて見たっwとか馬鹿にされますが、それでも弾けるならいいやと思ってやってます

これからやってみようという方はぜひやってみましょう^^

金銭面が心配だと言う人もスタジオによってはギターもシールドもレンタルできるのでそういったところでやれば安上がりです

ライブやるならギターくらいだったら誰か貸してくれるでしょうwアンプは置いてあるの使えばいいし!

楽器を演奏する方ならわかると思いますが努力なしでできる楽器などありません

やめてしまった方も相当な苦労をしてその技術を手に入れたはずです。

培った技術は死んでないはずです!

もし未練があるのでしたら少しづつでも、もう一度やってみましょう^^

それではここまでご覧いただきありがとうございました。

何か少しでも暇つぶしになったのであれば嬉しいです!では!

コメント

タイトルとURLをコピーしました