パチスロで逆万枚を達成するには

過去の私より

こんにちは^^ヒロです。
最近では、良くも悪くも騒がれることもなくなり、すっかり閑古鳥が泣いていそうなパチンコ屋さん
大分行ってませんがかつてのパチンコ、スロットは娯楽の少ない地域性や時代背景、そして年齢で今よりは確かに賑やかでした。

やれ10万勝っただの天井手前の台が落ちていただの5万負けただの・・・

そこで私が見事達成し、紹介したいのは逆万枚です!

最近のスロット事情は全く知らないのですが、今尚打ち続ける若者に伝えたい。

そして同年代や年上の方も、他人の打ち方を知ることでこの先のパチンコライフをより豊かにできるかもしれません。

逆万枚とは?

特に説明するまでも無いかと思いましたが一応・・・

1万枚出た!の逆です。

つまり20万負け

難しいの?

これは難しいですよ。

万枚出すより遥かに難しい

万枚(20万勝ち)は何度もありますが、逆万枚は生涯で2度だけ

しかも1台に座りっぱなしで達成したので今では立派な自慢話になります。

機種名

1度目は初代ミリオンゴット

これに至っては30万近く入れたと思います。

二千円づつコインにしてずっとコインサンドに札を入れ続けて・・・

本当に辛かった、肉体的に。

0回転から天井まで現金で回して単発、と言うのを何回かやるだけであっという間に逆万枚。

めっちゃ早いですよ^^;

3時くらいには逆万枚を達成できたと思います。

2台目は島唄

こちらも悪名高い台ではありますがこの台で逆万枚を狙うのはそう簡単ではありません。

昼くらいの来店とはいえ閉店近くまでかかった記憶があります。

パチンコ歴

ここで少し私のパチンコ歴を語らせてください。

やはりある程度のやり込みがないと逆万枚と言う偉業を達成するのは困難です。

あまり細かくは記憶していませんが、大工の源さんやフルーツパッション、ドラゴン伝説などがあったのは覚えています。

とにかくそんな台があったくらいからパチンコ屋に行き始め、いつしかスロットばかりやる様になってました。

花火、ガメラ、アステカ辺りが出たくらいです。

その後電撃あらっ太郎、捕物帖といった機種に裏モノが出回った時代であり、あらっ太郎のビッグボーナス99(カンスト)には驚かされました。(純Aタイプ)

出玉も2万枚とかだったのでAT機のブームまではいろんな意味でやばくて迂闊に遊べない環境が続きました。

いわゆるスロット大ブーム時代『北斗の拳』が出た辺りは私の全盛期は過ぎていましたが、それでも目についた台はほとんどやった事あると思います。

なぜ逆万枚を達成できたか

これは昔から周りに言っているのですが、

スロットは勝った話より負けた話の方が面白い

これに尽きますね。

もちろんわざと負けるわけではありません。

勝つ時だってそりゃあります。

でも、今日はダメそうだなって思ったら全力投球!

俺はここで伝説になるんだ!くらいの気持ちで(笑)

新しいスロットの楽しみ方

正直年間360日くらいパチ屋にいる様な立派なパチンカスでしたが、はっきり言って飽きました。

飽きるほど打ち込めて十分満足していますから、またのめり込むことは2度とないでしょう。

パチ屋に行かなくなる前にやっていた新しいスロットの楽しみ方をこちらに残しておきますので、もし最近ちょっと飽きてきたなーと言う方は是非試してみてください。

とにかく俵盛

綺麗にコインを並べて下皿全部俵盛で埋めます。

コインの出口だけ開けておき、2段、3段と俵を重ねていきます。

その際2段目以降の端が崩れますので、下皿のプラスチックに負荷をかけてもう一枚刺して飛び出す様にしてストッパーにすると良い感じになります。

とにかく木葉積み

下皿木の葉積みで前面パネルをほぼ全て覆い尽くしたことがありますが、ホッパーエラー等で台を開けると全て崩れるのでご理解の上お試しください。

とにかく遅延プレイ

その台をやりたそうな人がいない時限定でお願いします(笑)

もうとにかくパチ屋に行かなきゃ死ぬんじゃないかと言う病気にかかっているかも・・・

そんな人におすすめです。

スマホのゲームをやってみたりリール配列を自分でメモったりするのも面白いですよ。

ここまでやって気づいた真実

自分はスロットが好きでした。

勝っても負けても面白いと思ってやっていたのは確かです。

でも結局スロットが好きなんじゃなくてお金が好きかもしれないという事に気付いてしまったのです。

お金が好きなのであればパチ屋に行く理由はありません。

勝ったり負けたりしているから逆万枚も楽しめたのに、負けて負けて負けて負けて・・・

となればどうしても時間の無駄に思えてしかたなかったのです。

昨今では『依存症』などと言われることもしばしばあるパチンコ

世間のイメージはどうやっても悪い。それは変わらないでしょう。

そんな中逆万枚を達成したこの業績を偉業と言わずしてなんと表現したら良いのでしょうか?

皆様も是非チャレンジしてみてください^^中々こんなに負けれませんよ(笑)

注:決して真似しないでください

お金は大事にね!(説得力0

コメント

タイトルとURLをコピーしました